地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
おねーちゃん式理解法
春になり、おねーちゃんももう年長さんです。
家でのお手伝いも、いろいろなことが出来るようになり、特に
一緒におやつのお菓子を作ったりするのは大好きです。

ところで、おやつ作りって、材料を一気にバーッと混ぜるのではなく、
何回かに分けて少しずつ…というのがよくありますよね。

これがなかなか、子供にうまくやらせるのが難しい。
f0100012_10471224.jpg

今回は、「200mlの牛乳を3回に分けて、混ぜる」。

うーん、これをどう分かりやすく説明すると、上手に出来るかなー。

ひらめきました。

f0100012_10495566.jpg

我が家では外猫たちのゴハンを、500mlの大きな計量カップにまとめて取り、
それから3猫それぞれのお皿に順番に注いでいきます
(クロさんは現在うちでゴハン食べないので、3猫だけです)。


えのきねこ
「いつも外猫たちにゴハンあげてるみたいにやってください」

おねーちゃん「わかった!」

おねーちゃん
はいカレンちゃんの分~(3分の1注ぐ)
はいうーちゃんの分~(3分の1そそぐ)
ハイあっちゃんの分~(残り3分の1注ぐ)

できた!

えのきねこ「大変お上手です…!

やはりお手伝いは、日ごろから色々やっておくべきですね☆
[PR]
by enokineko | 2011-04-18 11:00 | 猫と赤ちゃん
<< 「ふーちゃんソフトクリームみたい」 猫にフトコロは無いけれど >>