地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ふーちゃんのおトイレを洗って干しておいたら
f0100012_11201292.jpg

こうなってました。


f0100012_11204770.jpg

カレンちゃん?


f0100012_11211154.jpg

ふーちゃんばかり、家猫として構われることへの抗議でしょうか?


ふーちゃんが来るまで、家猫化に一番近かったのはカレンちゃんでした。
せっかく近づいた距離が遠のいちゃうかなあという懸念があったんですが、やっぱり拗ねてた?!

…なーんて実際には、カレンちゃんはあまり家の中に入ることに抵抗が増えたりはしてないようです。良かった。
ふーちゃんのほうが追いかけて追い払っちゃうんですよね。
本気で戦ったら勝敗は目に見えている気がしますが、カレンちゃんも
そこまでして留まりたいとは思わないようで、すたこらさっさと行ってしまいます。

でもフレンドリーだから、縁側で姉にブラッシングしてもらってるのは
カレンちゃんのほうだったり。
ふーちゃんは相変わらず、ごろごろ言ってるくせに噛もうとしてくるのであまりされない。

ま、色々な在り方がありますよね。
[PR]
by enokineko | 2008-08-29 11:28 | 外猫
ふーちゃんのプロフ作りました
→に、ふーちゃんの紹介を載せました。

ふーちゃん、カメラが嫌いなようで、なかなか正面顔が撮れないのと、
家の中なので明るさが足りず、ついついフラッシュをたいてやぶ睨みの写真ばかりに
なってしまうため、写真選びに結構困りました。

もうすっかり慣れてきてカワイイ顔になってるんだけどなあ…
あと手袋が写ってて…
お腹放り出しで寝るふーちゃんらしさも欲しいなあ…

と色々考えた結果、ちょっと前の写真ですがこれになりました。

f0100012_1143514.jpg

ずぼ。

お腹放り出しのポーズは顔が分からないので断念。
でも悠々自適ぶりはよく出てると思うのですよ。
ちなみに、以前破られていたのとはまた別の障子です。


皆様、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by enokineko | 2008-08-28 11:45 | 猫とブログのご紹介・ご説明
ホントにすいません
姉が朝、洗面所でお化粧をしていると、ふーちゃんが非常に熱心に見つめにいきます。

f0100012_1539535.jpg

「姐さんの姉さん、なにしてるニャ?」
「お化粧~」


f0100012_15404779.jpg

真剣です。

そりゃあ、猫にとっては何をしているのか不思議でしょう。
しかし、視線を感じるほうはなんかやりにくい(^^;)

姉「なんとかなりませんかこの見学者。」
私「ははは~なんで毎回見に行くんだろうねえ、やっぱり猫からしたら何してんのか不思議なんだろうねえ。」

ハイここでウチの夫が来ましたヨ!

「化け方を学んでるんじゃないですか~☆?」
一同「あははは…ハ?」

一瞬笑う一同。
…何気に失礼な発言であることに気付く一同。

すいません。ウチのが本当にすいません。

☆ちなみに模範解答☆
義兄(姉の夫)「なにしてるの~?」
姉「お化粧~」
義兄「なんで~?」
姉「何でって、可愛くなるためよ~」
義兄「やっぱりなんで~?(もう十分可愛いから)必要ないじゃない…
こう。

よく学ぶ ように!!!
[PR]
by enokineko | 2008-08-26 15:54 | ふーちゃん
チビさん一周忌
今日はチビさんの一周忌です。

f0100012_22542496.jpg


いま見てみても、チビさんの写真はかなり少ないです。
気の小さい怯えやすい子で、カメラを向けても逃げてしまうことが多かったのです。

もっと早くニンゲンに慣れてくれるよう尽力していれば、具合が悪そうと分かった
一年前のあの時、捕まえて獣医さんに連れて行くことが出来、何かしらの手を
打てたのではないかという後悔があります。

最期の場所として、床下でしたし家族がいたからこそだと思いますが、
猫ハウスを選んでくれたことが、少し心を軽くしてくれます。


殿がいなくなってから2年でもあります(8月21日が殿を見た最後の日)。
去年は、「ああ、殿がいなくなってしまってから一年だな」と思った矢先に
チビさんが亡くなり、かなりショックを受けたものです。

今日は急に冷えましたが、外猫たちは皆元気でいました。
ありがとう。
どうかこれからも猫たちが、元気で幸せでいてくれますように。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一方で生まれてくる命のことですが、
本日38週目に入りました。
「今生まれてしまったら命は助かりません」
と言われてから2ヵ月半、よくぞ無事にお腹にとどまってくれたものです。
予定日通りでもあと2週間。
支えてくれた家族と皆々様、そしてお腹の赤ちゃんに感謝しつつ
その日を楽しみにして過ごそうと思います。
[PR]
by enokineko | 2008-08-23 23:10 | 外猫
ふーちゃん語って曰く、

f0100012_9153491.jpg

赤様よ。また「お熱」らしいな。

わがままを言わず、ちゃんと「おくすり」を飲んで、よく休み、元気になるのだ。
でないと、この間「3回目」を体験したらしいが、また「入院」になってしまうぞ。

f0100012_9173014.jpg

あれは退屈だ。

だから早く良くなって、元気にお外で遊ぶのだ。

f0100012_919349.jpg

私はもう外へは行けないが、

オマエはたくさん出られるのだろう。
だから元気になり、沢山お外で遊んで、丈夫な体を作らねばならぬ。

f0100012_9215390.jpg

ただしくれぐれも、


f0100012_9231670.jpg

「車」には気を付けるのだぞ。


ふーちゃんの人生経験はまだ2年足らず。
でもその言葉は時に、軽くその十倍以上生きている私のものより、重かったり。

ふーちゃんも赤様も、元気で幸せでいてね。
[PR]
by enokineko | 2008-08-20 09:28 | ふーちゃん
ふーちゃんが遊ぶとき
は、お布団の上を使います。

f0100012_13213259.jpg

フローリングの上だと、手袋してても足に響くらしく、痛くて十分に駆け回れないからです。


お陰で、

f0100012_13222318.jpg

シーツに穴があき、


f0100012_13225973.jpg

枕カバーはほつれ、


タオルケットに至っては、お見せすることが出来ません。

それでも元気に猫じゃらし追いかけ跳ね回るふーちゃんを見ていると、
元気になったなあと嬉しいのですが、

f0100012_13232637.jpg

私の足にも穴があき。

…。
以前は遠慮があった、というかニンゲンに対する怖さがまだあったのでしょう、
はしゃいでいてもニンゲンを華麗に飛び越えてじゃれていたのですが、
最近は遠慮なく踏んづけて走っていくようになりました。

…いいのかな悪いのかな…。


~~~追伸~~~
一枚目の写真が斜めってるのは、赤様が撮った写真だからデス。
記念すべき赤様の初ふーちゃんショット。
[PR]
by enokineko | 2008-08-18 13:31 | ふーちゃん
更新停滞中の夫
なにかネタにし忘れているような…?

と思ったらこれでした。
「更新停滞中のふーちゃん」
と並べようと思ってたんですが、
更新が止まってたころに夫が作ったもの

f0100012_12142054.jpg

和菓子作品第2弾「初夏」


f0100012_12145052.jpg

第3弾「関東風桜餅」


「初夏」は、七夕の日に熱を出し、せっかく七夕パーティーがあったのに
保育園に行けなかった赤様のため、
「我が家でも七夕パーティーを!」
との気合の元製作されました。
肝心の赤様はまだ和菓子より駄菓子が好きなお年頃なので、食べてはくれませんでしたが、
「氷がある~♪」
と言っていました。
まず見た目の清涼感が大事なお菓子なので、幼児に氷と認識されるくらいなら
大成功だと思います。

あ、もちろん大人たちがウマウマ食べました。

ちなみに本来、中に入れるのは青梅のシロップ漬け、
外は葛で作るのだそうですが、
「青梅のシロップ漬けは手に入らなかったので代わりにあんこ玉を、
葛で作ると二日目以降硬くなってしまって食べられないので寒天で作ってみた」
んだそうです。


桜餅は、姉が関西風桜餅(道明寺)を作ると言うので、
「じゃあ自分は関東風にチャレンジしてみます」
と言って作ったもの。
制作意欲溢れとる~。

enokinekoは関東生まれ関東育ちなんですが、このときまで関東風桜餅の存在を
知りませんでした。



今日の記事はこれまで。

…え?猫の記事はないのかって?


いや~以前、ちょっと長めの記事の最後に、一枚だけ夫の利休饅頭の写真を載せ記事に
したところ、見事に皆様のコメントが

利休饅頭のみに集中する

という事態になりましたので、今回はこれのみで!
これ以上、夫のネタで猫ネタや赤様ネタを乗っ取られてなるものか…!


f0100012_15405949.jpg

「…単品で記事になる時点で、ブログを乗っ取られてるんじゃないかしら~?」

はっ。
[PR]
by enokineko | 2008-08-13 15:58 | その他
8月2日朝
みんな集まってる~?今日はご祝儀出るよ~♪

f0100012_16234174.jpg

ほ~ら、大好きなCIAOの鰹節だよ~


f0100012_16263929.jpg

はいはい、早くも後ろで取り合いのケンカしないの~
そんなに肩いからせなくても、ちゃんと人数分あるから~



f0100012_16274721.jpg

なんと今日はポリポリもいいのにしちゃうよ!
試供品で貰ったのだから子猫用グロースだけどね☆!


多少のことは気にしない。それが我が家クオリティ。
ちなみに賞味期限もちょっと過ぎてましたが、多少のことは

さあさあお食べ~。

f0100012_162913.jpg

カレンちゃん、落ち着いてもうちょっと綺麗に食べてね~。


f0100012_16303982.jpg

クロさんとあっちゃんも一心不乱にもぐもぐ。


f0100012_1631287.jpg

相変わらず早食いのうーちゃんはさっさと食べ終わって、
他の子のお残しが無いか巡回中…。
流石に今日は無いと思うよ~。


良かった良かった、猫たちにも喜んでもらえて♪

「姐さん姐さん、」
ん?
「人数分あると言ってましたが、

f0100012_16394172.jpg

「私の分が無いようですが?」


あ、うん、だってふーちゃん、ゴハン減量してるのに相変わらず
3.8キロキープで小デブ
なんだもん。
だからなし。
その代わりいつもと同じ量でも、ふーちゃんもぽりぽりいいのに替えてあげるから~。

f0100012_16452135.jpg

…。



あといま気が付きましたが、翌日の夫の誕生日には
何もご祝儀出しませんでしたね。

なんか猫たちと夫と両方にごめん。
[PR]
by enokineko | 2008-08-11 17:01 | 外猫
更新停滞中のふーちゃん

私が寝たきりで、更新が停滞していた間も、ふーちゃんはの~んびり暮らしておりました。
その姿には、特にまだ週数浅く不安や心配の強い頃、癒されたものです。

だって。

ダイニングの隣の和室でひたすら横になっていたのですが、ふと目をやると、

f0100012_12164699.jpg

こんな光景が目に入ってくる。

…。
ちょっと起きて、上から見てみました。

f0100012_1218541.jpg

……。

引き出してみました(動画)。



………。
なんか 癒されざるを 得ない。
というか悩んでいるのが馬鹿らしくなる。

いやでも、これが本当に大事なことで、悩んだりクヨクヨするのはお腹に悪いだけ、
の~んびり構えてゴロッと横になっている以外、するべきことはないのです。

こんなに寝たばっかりでいいのかなあ、退屈だなあという気持ちにも
「それでいいんじゃな~い 猫を見習いなさ~い」
という答えをくれているようで、本当に助かりました。

縁側からも同じくゴロ寝で諭してくれたカレンちゃんも含め、
二人にはそんなつもりはないだろうけど、
ありがとうね。
[PR]
by enokineko | 2008-08-06 12:29 | ふーちゃん
そして翌日は
夫よ、誕生日おめでとう!

いつも支えてくれてありがとう。
これからもきっと沢山、ケンカしたり、気に入らないところがお互いあったり、

なにかうまいこと言ってやろうと相手のつっこみどころを探しあったり
笑いを取ろうとしてネタを仕込みあったりする

毎日だと思いますが、

私はそういう毎日が好きです。
これからもよろしく。


で。
毎年赤様のお誕生日の翌日ということで、ただでさえ影が薄くなりがちな上、
今年は私が動けないこともあって、危うく消え去りそうになった夫の誕生日ですが、
姉がケーキを買ってきてくれました。ありがとう。

でもただでは終わりませんでした。

姉「あ、誕生日ケーキなんでろうそくお願いします」
店員さん「おいくつですか~」
姉「2X歳です」
店員さん「わかりました~」

f0100012_2319457.jpg

全部小ロウソク
(注:姉が頼んだわけではありません。店員さんの素です。)


そこ、大きいローソク2本と小さいローソク一桁分じゃない!?
年齢分全部小さいローソクって話のネタに出ることはあっても
リアルで体験する日が来るとは思わなかったよ!!

これは刺さざるを得ないとウキウキする家族。
嬉々として刺しまくる赤様とenokineko

そして点火。
f0100012_23244434.jpg

燃え盛るケーキ


enokineko「溶けてる溶けてる!ケーキの表面溶けてるよ!」
夫「これ一回で吹き消すの?肺活量のテストかなんか?
姉「早く!写真撮るなら早く!もの凄い明るい!というか、

全員「「「結構本気で熱い!」」」

結局夫は3回かかって吹き消しました。
最後に吹き消されたあたりはかなり本格的に蝋が燃え上がってました

ケーキは大変おいしかったですが、ろうそくを抜いたあとは
西部劇で撃ち合いがあったあとの酒場の壁みたいに、ボコボコに穴があいていました。
ケーキ職人涙目。

大変楽しいお誕生日会でした。
[PR]
by enokineko | 2008-08-03 23:41 | その他