地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
おもちゃ禁止って言うから
身近なもので遊んでやったニャ。



なかなかいい被り心地ニャ。


今使ってる中で、一番上等のマフラー なんです が。

禁止禁止でストレスかけてると思えば、駄目と言えず(涙)。

ふーちゃんは若いので(獣医さんが逆算して推定したところ2006年10月生まれ)
おもちゃを禁止してもいろんなもので遊びます。見えない虫を追っかけたりとか、
毛布にスライディング&ダイブしてみたりとか。
可愛いんですが、運動が激しくなると止めねばならず、ううつらい。

ちなみにこのあとは、夫のジャージに襲いかかっていました。
[PR]
by enokineko | 2008-03-31 14:37 |
雨が降ったあとは、
我が家の門扉の上に、

f0100012_1415398.jpg

等間隔の泥スタンプ。


カレンちゃんの足跡です。
暖かい日は門前で、

f0100012_1419865.jpg

猫がゴロゴロとし、
(ああ、あのクロさんがズームなしでこんな近くに、
しかも人間がいてもこんなに寛いでいるなんて(涙)ッ)


縁側でも

f0100012_14213020.jpg

猫がうなうなとする。



猫好きの生協のお兄さんいわく、「素敵な猫屋敷ですねえ…v」。
[PR]
by enokineko | 2008-03-27 14:27 |
手術延期
になりました。
ふーちゃんが具合悪くなったわけではありません、
先生が過労で体調不良になりました。

手術とは大変な気力体力を必要とするものですから、先生にはご自愛いただいて
よく体を休めていただきたいものです。

また手術の日程が決まりましたらご報告しますね。

とりあえずふーちゃんは、

f0100012_15593128.jpg

わ~い、延期延期~♪



こら、お腹出して喜んでいる場合じゃないですよ。
モフモフしますよそのお腹。

じゃなくて。
あくまで延期ですし、早く手術したほうがふーちゃんも楽になるんですよ。

f0100012_16121341.jpg

わかってますよーだ。


まったくもう。

ご心配頂いたようで、昨日から更新がないにもかかわらず、常よりアクセスが多かったようで…。
ご連絡遅くなって申し訳ありません。

予定手術日の前日(月曜日)にはふーちゃんも元気が無くなり、心配したのですが、
急に寒くなったからだったのか、それともニンゲンの緊張が伝わったせいだったのか、
今はまた元気にしています。

出来ることをしながら、来るべき時を待ちたいと思います。
[PR]
by enokineko | 2008-03-26 16:17 |
ふーちゃんその後
f0100012_12483868.jpg

出してもらったー。


決して、心が折れて出しちゃったわけじゃないですから、ね!

暴れたせいか包帯が解けてきてしまったので、翌日また病院へ。
先生が「どうですか?」と聞くので、大暴れしたのち、

1.人間を無視するくせに、部屋を出て行こうとするとつぶらな瞳で必死に見つめてくる。
2.普段全然鳴かないくせに、時々「くぅ、くぅ…」という鳴き声をあげてアピールする。
3.極め付けに、赤様がそんなふーちゃんのケージに近づき、

「ごめんね…?」
「ふーちゃん悪くないからね…?」
「また遊ぼうね…。」

と言ったと言いました。

「ヴッ…それは…!」
「ええ先生、正直心が折れそうです。」
「僕もその光景と台詞は現場にいたら折れてますね。」


だから心折れて出してあげたわけでは以下略。
f0100012_13111915.jpg

つらかったんニャぞー。


分かってます、よくがんばったね。

真面目な話、診察中も彼女の精神状態がよくないのが、先生にも伝わったようで。
私も保定を手伝っていたんですが、

ふーちゃん震えてる…。

ふーちゃんはかなりおとなしいタイプの患畜で、暴れたり唸ったりすることがないんですが、
震えてるのも初めてでした。
「先生、これは…。」
「うーん、怯えてますね…。」

今までは、キライな治療でも受ければ、生活環境はどんどん快適になっていった。
それが突然「閉じ込められる」という一番嫌いな状態になったので、
今日また診察を受けたら、いったいこの後どうなってしまうのか。

というわけで怯えていたようです…。
「先生これ、患部は悪化しなくても、ストレスで全身状態が悪くなりませんか。」
「僕もそれが心配になってきました。」


f0100012_1321290.jpg

だって本当にこわかったんニャもん。


「体重もここ数週間で劇的に増えましたが、逆に術前一週間で激減の可能性もありますよね?ストレスで食が細くなったりしたら、そのほうが良くないのでは?」
「そうです。患部の状態含め、手術までに全体の状態を出来るだけ良好なところへ持っていくのが理想です。
条件を変えましょう。」

というわけで出されたのです。ただし、
1.ケージの置いてある4畳半のお部屋のみ行動可
2.高いところへの移動不可
3.カラー装着のこと
f0100012_1325627.jpg

「おもちゃはー?」
「おもちゃもだめー。」


f0100012_13261152.jpg

ぶー。つまんないのー。


遊び盛りとしては物足りないでしょうが、少なくともご機嫌斜めは治ったようで。

今日もまた通院日なので連れて行きましたが、患部の悪化なし、体重+50g。
このまま良い状態で、手術の日を迎えられそうです。
[PR]
by enokineko | 2008-03-21 13:37 |
ふーちゃんの経過報告
最近更新をまめにしているせいか、お客様が増えたので
アクセス解析をつけてみたんですが。
 
どなたか「断脚しない」というキーワードで検索していらしてました。
どこかに同じように、足の怪我で断脚かそうでないか、悩み戦っている方がいらっしゃるのでしょうか。
少しでもお役に立ててればいいんですけど。


というわけでふーちゃんの経過報告です。

f0100012_14261298.jpg

「ゴハンくれビームッ」


ゴハンが欲しくなると、ケージの定位置に戻り訴えるふーちゃん。
結構こういうの、家猫っぽいと思うのですがどうでしょう。
さらに、

f0100012_14315573.jpg

「手袋編んでもらったー。」


えのきねこ姉の手作りです。

元々は、完治していない足を突いて歩く衝撃を和らげるために作られたのですが、
この毛糸の手袋が、患部を舐め舐めしてしまうことを防ぐので、カラーを外せるように。
よく体のハゲを舐めてしまわないように猫用のお服を着せる方がいらっしゃいますが、それと同じです。
でも脚用なんて無いからなあ。

試作品を何個も編み、ジャストサイズ&脱げない工夫を重ねてくれた姉に大感謝。

当然ふーちゃんのQOL急上昇。手袋大好き。
時々洗って交換しますが(手袋が無い間はカラー装着)、何回目かに手袋をはめてやるとき、初めて「ゴロゴロ」言うの聞きましたよ!感動。

f0100012_14392236.jpg

まあそういうわけで、なかなか快適元気に過ごしていたふーちゃんですが、
(夫撮影。ま、またいいショット撮りよって!うらやましくなど(以下略))


今朝出血。
赤様の「痛い痛い舐め舐めしちゃだめー!」
の大声で発見。

血液の重みで包帯ごと手袋もすっぽ抜け、出血した患部を舐め舐め。
出勤前の姉と二人がかりで取り押さえ、応急処置をしたのちに即病院へ。

幸い患部が悪化したわけではありませんでした。

f0100012_14474233.jpg

元々、うちに来てからあまりに元気に遊ぶので、
かえって傷口を刺激してしまい、治りを妨げていることは
問題になっていたんです。


でも本人があまりに幸せそうなので、先生もQOLとの兼ね合いを考え、軽く運動制限をかける程度にしていたんですが、やっぱりはしゃぎすぎで、とうとう沢山血が出ちゃった。

今日からは可哀想ですが、入院こそしないもののしばらくケージの中生活です。大きいケージ買っといてよかったやっぱり。
それでも、

f0100012_14562380.jpg

閉じ込められたのが気に入らなくて、大暴れの図。
ゴハンは半分くらい吹っ飛んじゃってるし、
お水皿に至ってはトイレの向こうに落とされてます。
やれるものならおトイレもひっくり返していたんじゃないかしら。


近づくたび「出してくれるの!?」と期待した目で見られると、可哀想ですが…
耐えろ自分。ふーちゃんのため。一番辛いのはふーちゃんだ。

この生活はとりあえず一週間。
そして一週間後、手術を受けることになりました。

f0100012_1514717.jpg

「悪化してないんじゃなかったの?」
(大暴れ後、ケージの二階部分にて大いに拗ねるふーちゃんの図。)


うん、悪化はしてないよ。

それとは別に、思った以上に治療が進まない原因(ふーちゃんが良く運動する以外の)を探るべく、先週レントゲンを撮ったんですよね。
その結果を今日説明していただいたのですが、要は、変形した骨が原因。
これを削らないと治らない、ということが分かったのです。

というわけで手術ですが、リスクの高いものではありませんし、
本人の健康状態はすこぶる良好です。

この手術が済んで順調に回復すれば、それこそ思いっきり遊べるようにもなるでしょう。

応援してくださる方々にはご心配をおかけしますが、どうか朗報をお待ちください。
[PR]
by enokineko | 2008-03-18 15:23 |
本日、チビさんを埋葬いたしました
春が来て、外が暖かくなり、花が咲く季節になったら。
チビさんを自然に還そう、というのは、前から決めてありました。

午後の日差しの中、外猫たちがのんびりと日向ぼっこするかたわらで。

庭の隅の、花が咲く木の根元に、チビさんのお骨を埋めました。


よく晴れて暖かい日でした。

f0100012_16461771.jpg

それでは皆さん、



f0100012_16464339.jpg

また。



雲ひとつないような
抜けるような晴天の今日は
悲しいくらいに
お別れ日和で

雲ひとつないような
抜けるような晴天の今日は
「お別れ日和」と
あなたが笑うようで
(「サイハテ」という曲の原曲とアレンジバージョンから)
[PR]
by enokineko | 2008-03-16 17:13 |
リンク追加&整理しました
以前、「猫のいる風景」という記事でご紹介させていただいた、看板猫おふたりがいらっしゃる美容室が、HPを開設なさいました☆

前回は匿名でのご紹介でしたが、HPも出来たことですし、許可も取ってきたので、堂々とリンク!☆
お気に入り「いち美容室」さんです。

ちなみにえのきねこは昨日、かつお節2本手土産にカットに行ってきました。

f0100012_03412.jpg

「ワシのはげも、治してくれるかのう。」
「残念ながらご家老様、男性(猫に限らず)の育毛・植毛は扱っておりませぬ。」
「そうか…。残念じゃのう。」


ご家老のはげは現在は治っています。ご安心を。

※いち美容室さんはニンゲンの美容室です。

追記:
おぼぼぼぼ!頂いたコメントで、リンクつながっていないとのご指摘が…!
確認不足ですすいません修正しました。

リンク貼るとき、index.htmlって入れちゃいけないんだな…勉強。
[PR]
by enokineko | 2008-03-15 00:07 |
クロさんのなんかいい表情
クロさん、クロさん、
f0100012_10505982.jpg

どうせ日向ぼっこするなら、もう少し座りいい場所にしたらどうですか?


f0100012_10515862.jpg

ここがいいの。


ブログ用に小さくしたら良く分からないので、切り抜いてみました。
f0100012_10524221.jpg

春の陽射しっていいですねv

[PR]
by enokineko | 2008-03-13 10:54 |
くやしくなどないッ!
それは先週のことでした。
ふと気が付くと、ふーちゃんが
f0100012_12473389.jpg

夫のお布団の上でくつろいでいました。


まあここまでは、「あら~ふーちゃんニンゲンになついてくれて良かったわ~」
だったんですが。

次の日にはひとりの時お布団に潜り込むようになり、三日後には、

姿が見えないと思って探したら、
f0100012_12492120.jpg

昼寝している夫のお布団をめくると、足に擦り寄って寝ていました。


さらにこのあと、だんだん上に上がってきて、ついにはお腹に寄り添って寝るように。
夜には、夫が寝ようとすると、枕元へやってきて入りたそうなそぶりを見せるので、
お布団の襟元を開けて「入る?」というと、いそいそと入ってきたそうです。


え?私?
捕まえて通院させたり、大嫌いな点鼻薬をしたりするので、すっかり距離を置かれていますよ。


くやしくなどないッ!
うらやましくなどないッッ!!!


ちなみにこの話を先生にしたら、
「え、…ああじゃあ、男性が嫌いなわけじゃなかったんですね。
やっぱり、いろいろ痛いことや嫌なことするから
僕個人が嫌いだったんですね…。」


先生と同盟でも結ぼうかと思います。
「どーせ尽くせば尽くすほどふーちゃんに嫌われてますよ同盟」とか。
[PR]
by enokineko | 2008-03-11 12:59 |
猫のいる風景2
看板猫のいるお店って、やっぱりすヴぁらしいですよね。

今回は、とある公園に面したイタリアンレストランです。

この間の土曜日、ひいおばあちゃんも誘って、赤様は優雅な休日のランチへ。
すると案内された席の窓の外に、
f0100012_1518452.jpg

あらまお座布団敷いてもらって寝てる方が。

携帯の写真だと分かりづらいですが、ご家老系の、お年を召したたいそう大きな御方。

f0100012_15211160.jpg

4人席の、一番良く見える席を陣取って、赤様動かず。
「ゆずりまちぇんよ!」はいはい。



赤様、お食事のお味もお気に召したようで、給仕される合間に退屈になれば、猫さんに話しかけ(ご本人は、ず~っと気持ちよさそうに寝たまま、微動だになさいませんでしたが…)。
非常に楽しいランチタイムだったようです。

お店の方によると、公園に住んでいる野良の一匹なのですが、ほぼ毎日現れ、特にいたずらもしなければ、赤様の歓声どころか犬連れのお客様が来ても動じないそうで、
「まあ、それならいいかと、世話してるんですけどねえ。」

「でもちょっと面倒なんですよねえ」
あ、やっぱり飲食店だから煙たがられてるのか?!と案ずるのもつかの間、
「今の時期はここですが、もう少し寒いときはあっちのもっと日当たりのいいテラス、夏はあっちこっちの日陰へと移動するので、大変なんですよ、
座布団移動してあげるのが

そこですか。
まあそもそも、お座布団を敷いてもらっている時点で、愛されています。
「年寄りでねえ、硬いもの食べられないんですよ」
お食事にも気使われてる!!
あれか、さっき出てきたおいしいイトヨリ鯛の、余ったところをシェフが柔らかく煮てくれたりしているのか!


広々とした公園。おいしい食事とゆったりした寝場所。乱暴しないニンゲンたち。
外で生きる猫の中では、大変幸せな老後を送ってらっしゃるほうでしょう。

お店の許可を貰っておりませんので、ご紹介は致しません。
ですが、「ニャンコさんとお食事したいぇああああ!」
という熱いパッションを感じるような気が致しますので、ヒントをば。

都内某所、サクラの名所で有名なちょっと大きな公園。
なのになぜか公園に面したお食事の出来るお店はここくらいしかありません。
しかも、今回寝てらした場所は、多分私たちが通された席からしか見えません。

もしも偶然、あなたがこのお店にいらして、そして寝ている御方が見えたなら。
おいしいお食事と、のんびりとかもされる猫アルファ-波に癒されながら、ゆっくりとしたお時間をお過ごしください。
f0100012_15442815.jpg

[PR]
by enokineko | 2008-03-06 15:44 |