地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ある日の家計簿
「猫砂 猫ブラシ 猫シャンプー 猫ベッド    計○○○円」

…うん。幸せです。

引き取った当初、ふーちゃんが猫トイレに嵌ってくつろいでいたので、
「あ~なにか、体がスポッと入るくつろぎ場所が欲しいのかな~」
と思い、猫ベッドを購入。
1280円が780円になってました最後の一個。ふーちゃんやっぱり運いいな。

そしたら、
f0100012_11484893.jpg

こうなり、


f0100012_11491057.jpg

こうなりました。



買ってよかったです。



~外猫たちへ~
え~本日、誰か食べ過ぎで猫ハウスの中に戻しましたね?
毛布を2枚も(しかも猫用でなく人間用の大きいのを)洗わねばならなくなり、姐さん大変でした。
これを反省し、各自ゴハンは他者のを狙うことなく、己の分量だけを食べてください。


…誰か聞いてください。
[PR]
by enokineko | 2008-02-29 11:53 |
ふーちゃんが来るまでのいろいろ~ケージ編~
ふーちゃん、だいぶ元気です。4日間で体重が200グラム増えました。
デ○ではありません。3.3キロが3.5キロになったので。
むしろ入院中はどうしても頭打ちだった体重が、我が家に来て運動することにより、
食事を残さず食べるようになりやっと増えたので、先生は喜んでいました。

もりもり食べるといいです。でもうーちゃんまでいっちゃだめです。

f0100012_16311122.jpg

ニャにか?


い~え~。

さて、ふーちゃんですが、本当はもう一週間早く引き取るはずでした。
ところが慢性鼻炎の持ち主であることが分かり、その治療方針が固まってから…、と、土壇場でまた一週間延びたのでした。
ふーちゃん用ケージは既に届いていたので、夫に組み立ててもらいましたが、中身は空っぽ。
ニャーニャーさんのおうち、と聞いていた赤様は、住人がいつまで経っても来ないので、
f0100012_1637324.jpg

自分で入ってみる。


f0100012_1638479.jpg

わたちが立っても広々でし♪


いや…ふーちゃん慣れるまで時間かかるだろうし、怪我もあるしケージの中で過ごす時間が長いだろうと思ったんですよ。
それで広くてストレスが少ないのをと思ったら結構大きかった。

でもお陰でふーちゃんにも気に入ってもらえました。
ケージの大きさの分私と夫のスペースが狭くなりましたが、ふーちゃんとの距離が近いと思えば!


ちなみに赤様、自分が入った後「…やはりなにかチガウ…」と思ったらしく、
f0100012_164354.jpg

ぬいぐるみの猫を入れてみる。
「む。これでいいはずでし。」


f0100012_16441740.jpg

「いや…自分、ディスプレイクリーナーですが…」



ねこかどさんちから頂いた黒猫ポシェットも一時入れられてました。
うん、猫だね。うん…。


ちなみに赤様が嬉々としてケージを占領しているのを見て、夫が一言。
「はたから見たら…なんか虐待っぽい…?
自分の意思ですから!
[PR]
by enokineko | 2008-02-27 16:57 | 猫と赤ちゃん
毎日言ってる気がします
あっちゃんお布団に乗っちゃだめええ! とか、
うーちゃんほかの子の分も食べちゃだめええ! とか、

カレンちゃんの場合は「網戸で爪といじゃだめええ!」とか。

でも言うこと聞かないから、こんなことになったり…。


じたじたばたばた。


ちなみに今朝、夫が寝ている和室から「カチャッカチャッ」っていう音がしたんですよ。
隣がふーちゃんのいる部屋なので、ケージから出てきて遊んでるのかな?と覗いてみると…

夫は寝るとき、メガネを踏まれないよう床の間の端っこに置くんです。

床の間でふーちゃんが
メガネを猫じゃらし代わりに遊んでいました。

いろんな意味でだめええええ!

そんな、大事なアイテムをじゃれじゃれされてしまった夫の、ふーちゃん初撮影がこちら。
f0100012_15284389.jpg

だから近いというに。


サンタみたいなヒゲが。
[PR]
by enokineko | 2008-02-23 15:33 |
遊び疲れた
f0100012_13371985.jpg

肉球!ピンクの肉球うううう!


このあと撫でようとして引っ掻かれました。むう。ちょっとKYだったか。


ところで、うーちゃんが最近大変人慣れしてきてですね。
嬉しいんですが、それをタテに(?)他の子に威張ったりゴハン横取りしたりするんです。
結果としてデ○になったわけですが、私は気のせいかもしれないと思い込もうと

…エーゴホン 私の友人が遊びに来たときのことです。
猫好きの彼女は猫たちに煮干を手土産に持ってきてくれ、嬉々として皆に与えていました。
しかしここでも、「私はニンゲン慣れしてるのよ!」とばかりに、うーちゃんばかりが前に出て他の子にあげている分も獲っていってしまいます。

それでしまいにこう言われました。

「やだよお前ばっかり!だってお前、デブなんだもん!」

f0100012_14192035.jpg

「…!」


…あああ。気のせいではなかったそうですか客観的に見てもうーちゃんデブってますか。
この話を夫にしたところ、うーちゃんをしげしげと見たのちに、

「まあなあ…。猫なのに、
ヒゲの幅よりも腹の幅のほうが広くちゃな…
f0100012_1424595.jpg

「…!!」


暖かくなってきましたから、そろそろダイエット開始です。
[PR]
by enokineko | 2008-02-21 14:28 |
外猫割と余裕綽々
昨日はふーちゃんを引き取ってから初めての通院日だったのですが、
彼女がわりと落ち着いた家猫ライフを送っていることを知って、先生も看護婦さんも大喜びでした。

環境の変化によるストレスで、食事をしないんじゃないか…
便秘・下痢になるんじゃないか…
おトイレが使えないまま里子に出したけど、その辺にして回ってないか…
(ストレスがかかると使える子でもそうなることがある)

と、おおよそ私自身が心配したのと同じことを、先生たちも心配していましたが、
食べてるし、おトイレ使えたし、その辺探検してるし、赤様が撫でても怒らないし、
ということを聞くと、本当に喜んでいらっしゃいました。
先生たちにとっても、長いことお世話した子ですものね。
(ちなみにこの7ヶ月間、先生は休暇なしです。)
責任を持って、愛情を持ってお世話させていただきます。


ところで、ふーちゃんのおうちは、例のあっちゃんお昼寝スポット縁側に面した和室に置かれているのですが、昨日早々に、お昼寝しに来たあっちゃんとふーちゃんが顔を合わせました。

音量を大きくしてヘッドフォンで聞くとなんとか、ふーちゃんが「う~ぐるる~」と威嚇しているのが聞こえます。
対するあっちゃんは余裕。赤様のお陰で、「このまどがらすというものが閉まっている以上、何も怖くはナイ。」と十分知っているので、大して動じていません。

f0100012_15164862.jpg

うーちゃんも来ました。


f0100012_15171563.jpg

「ヤバイ。あいつ増援がいたのか…!」
途端に威嚇をやめてなにやら小さくなるふーちゃん。


ちなみに「あっちゃんとうーちゃん同じカッコして何見てんのかな~?」と思いましたが、特に何もありませんでした。
単に親子でシンクロしたように座ったまま、日向ぼっこしてるだけでした。
余裕綽々!



小ネタ。
その日の夕方。
f0100012_15201097.jpg

ああああっちゃんそれ赤様のおふとんんん!


座っちゃだめええええ!

はい。取り込み忘れた私が悪いんです。
[PR]
by enokineko | 2008-02-20 15:24 |
ふーちゃん来たる
先週土曜日、2008年2月16日に、ついにふーちゃんを引き取りました。
f0100012_23264795.jpg

よろしく。


すぐにご報告したかったのですが、赤様が酷い鼻風邪をひいてて、時間取れませんでした。
すいません。

応援してくださった皆様、ありがとうございます。
そしてこれからは我が家の新しい一員として、よろしくお願いいたします。

初日は流石にガチガチに緊張していたふーちゃんですが、三日目の現在、猫じゃらしにじゃれたり、なるべくニンゲンのいないときを狙って(笑)ケージから出て周囲を探検してみるなど、なかなか活発にやっております(上の写真が撮れたのも今日です)。

昼間は気が付いたらこのパソコンデスクの上にいましたちょっとびっくり。

ゴハンも食べ、水を良く飲みます。排泄も問題なし。
7ヶ月の入院中は猫トイレを覚えなかったと聞いていたのですが、「一応置いてみたら」との夫の提案にケージの外に設置したところ、待ってましたとばかりに使っていました。
多分猫砂の種類が気に入らなかったんだと思います。病院では衛生管理に向いているので粒の大きい紙製のものを使っていましたが、うちのは普通の(?)砂タイプ。
お外で生活したことのある猫の場合、やはり砂や土に感触の近いものを好む傾向があるようです。使い慣れた感触が一番。


引き取りの準備および引取りの際のエピソードなど色々あるのですが、一度に書くと長くてクドいので(笑)、毎日距離が縮まっていくふーちゃんの写真とともに(希望!)小出しに書いていこーと思います。

とりあえずブログ名下の紹介文を変更。…長いな…。
[PR]
by enokineko | 2008-02-18 23:38 |
二択です
f0100012_14562642.jpg

姉「いいわね~猫は。滑らず転ばす、悠然と歩いてて。」
えのきねこ「でも彼ら素足ですよ。」


ちなみに私は3の「ドラ○もん式に地面から5ミリ浮く。」で移動しています。


[PR]
by enokineko | 2008-02-11 15:07 |
雪が降ったり晴れてみたり
忙しいお天気ですねー。暖かいほうが続いてくれると嬉しいのですが。

外猫たちも、雪の日はさぶっと体を縮め、翌日天気が良くなると、ここぞとばかりに
毛皮干し。
f0100012_15415694.jpg

クロさんが日差しの暖かさにほげ~としてます。


よほど気持ちいいのか、見ていてしつこいくらいに顔を洗って毛づくろいしてました。
でもそのせいかなんか変ですね?
f0100012_15432211.jpg

耳。耳折れてますよ折れたままですよ。


まったく気づきません。

以前も耳がひっくり返ったままゴハン食べてましたし、
しっぽスタイルは無防備だし、どうもクロさんやはり
己に無頓着なタイプのようです。


それから、
f0100012_16251656.jpg

ふーちゃん受け入れセットぉ~(←ドラ○もん風に)


届きました。ふーちゃんの調子がよければ、今週末を予定しています。


ちなみにこのとき、外猫用に猫缶も大量に届いたんです。
で、それを玄関の段ボールから、猫缶用戸棚にせっせと移していたら、赤様がやってきて
一緒に運んでくれました。
赤様からすると相当重いと思うんですけどね(160g3缶セットのトールタイプですから)。
「にゃーにゃーさんのごはん?ごはん♪」といいながら楽しそうに手伝ってくれました。
しかも。
あと半分くらいかなというところで電話が鳴ったので、中断してそっちへ行ったんですよね。
そして3分後に戻ってみると、

残りの猫缶ほとんど運んであるじぇ…。

「ママがいなくなってもひとりで作業続けたのかい?!」と聞くと、赤様はなにか悪かったのかと勘違いしたらしく、「ごめんしゃい」というので、「違うんだよ!えらいよ!えらいよ!」と頭撫で撫でしました。
しかも「運ぶだけでなくしまう」ことも分かっていたようで、赤様なりに、「こうかな?」と考えて、戸棚のあちこちに一生懸命猫缶が並べてありました。


チョコレートあげました(虫歯があるのでチョコは普段禁止。でも大好き)。
[PR]
by enokineko | 2008-02-07 16:38 | 猫と赤ちゃん
メルさん追悼追加&お知らせ
実は、二周忌の記事で使おうと思っていた写真があったのですが、後姿とはいえ夫が写っているので、本人の許可を得るべきかなーと思って自重していました。
ところが聞いてみたところ、

「メルさんの記事として一緒に載れるなんて、光栄であります!」

と、敬礼でもせん勢いで返事が返ってきたので、追加アップです。

「猫らしく、しかし人に近しい存在」と彼女のことを書きましたが、要はこういうことです。
f0100012_22562222.jpg

いっしょ。


「うわあ…まったく同じ生き物がふたりいる…。」と思って思わずカメラを構えた私の心境、分かっていただけますでしょうか。

このときのメルさんの心境としては、
 別に構って欲しいわけじゃないのよ。
 別に傍にいたいわけでもないのよ。
 別になにしてるのか気になんてならないし、ちょっと真似して座ってみたら分かるかしらなんて思ってないし。
 ただたまたま私がここに、あなたと同じような姿勢で、香箱組みたいだけなの。

そんな感じです(笑)。
本当に甘えたいときは、これまたストレートに来るんですけどね。
実に猫らしいような、なんだか人間のような。そういう猫でした。



で。
次はふーちゃんのことです。
皆様長いこと報告がなく、「どうなったのか」とご心配おかけしてすみません。

ふーちゃんは元気です。しかし、傷口はまだふさがっていません。
この間の1月19日で、保護されてから入院半年を迎えました。
これを、猫の寿命が6~7年として、ニンゲンの寿命を90年くらいとすると
7年半!
入院してることになりますので、これは流石に…ということで、獣医の先生ともお話し、
傷はまだ完治していないものの、通院でも何とかなる範囲とのことなので、我が家に迎えることに致しました。

で、その前に避妊手術をし、ついでに傷口に皮膚の移植もしたのですが、今日確認したところ、残念ながらこれはすべて壊死して落ちてしまったそうです。
今はまた、皮膚再生薬を塗っての治療に逆戻りです。
ただ、避妊手術をすれば、発情に向ける分のエネルギーを治療にまわせるのではないかと私は考えていたのですが、実際そのお陰なのか分かりませんが、以前より治癒のスピードが速いそうです。

そしてもうひとつご報告。

えのきねこ妊娠する。

赤様2を授かりました。
つわりーつわりがー

そういうわけで、「ふーちゃんの具合とえのきねこさんの具合を見ながら引渡しの日を考えましょう」ということになりました。


え?何でこれをひとつの記事に書いたのかって?
それはですね、私も思ったんですが、獣医さんからも一言。
「しかし…、毎回ご妊娠・ご出産と、猫の介護が重なりますね?

あはははははははははははははは。
「大変なことが重なりますが、どうかお体大事に…」
ありがとうございます。運命です。きっと星の宿命です。
(前回赤様のときは、メルさんの介護が妊娠6ヶ月くらい~赤様生後半年まで)

でもね、前回より楽なんですよ、多分。
私も二度目でつわりも(前よりは)楽ですし、なにより、メルさんのときは、どんな治療をしても、結局は「死は確実、それまでをどう過ごすか」という介護だったんです。
これが辛かった。本当に辛かったです。良かれと思って選んだ選択肢が、かえって苦しめることになるのではないかと悩んだりね。

ふーちゃんの場合は、最悪断脚ということになったとしても、すべて
「これから楽しく生きていくための治療」
なんですよ。

だから大丈夫です。
[PR]
by enokineko | 2008-02-01 23:23 |