地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
時を越えて
前に、「えのきねこの実家のほうでも、かつて地域猫活動があった」ということを書いたのですが
(記事を探し出してリンクしようと思ったのですが、記事のタイトルが思い出せなくて、検索しても出てきませんでした。いつのだっけ…)

昨日ちょっと実家のほうへ顔を出した際、こんなことがありました。

地域猫活動を中心になってやってらしたおうちのおばあさんが、門前に出ていました。
どうやらお客様がお帰りになったようで、自転車に乗ったその方が角を曲がって見えなくなるまでお見送りしていらっしゃるようでした。

きっととても大切なお客様だったのだろうと思い、邪魔しないように会釈だけして横を通り過ぎようとしたら、

「あ、もしもし。」
はい?
「あのね、あなたがまだ独身だった頃、このあたりにノラ猫ちゃんが沢山いたの覚えてらっしゃる?」
勿論!
「今の方ね、その頃いた一匹を引き取ってくださった方なの。それでね、その子が先週天寿を全うして亡くなったって、報告に来てくださったところだったのよ」

なんと…。
おばあさんは、にこにこしていました。
なんでも、おばあさんのおうちで地域猫として暮らした子達は、既に皆5~6年前に亡くなっており、おばあさんはてっきり
「同じノラ出身だから、あの子もきっともう死んじゃったねえ」
と思っていたら、なんとその倍生きて、幸せな生涯を閉じたと…。

いい話です。

でもおばあさんの顔はちょっと曇りました。

「でもねえ、あの頃は私そんな、家の中で飼うか外のままかで、寿命が二倍も違うなんて、しかも顔付きも、お写真見せてもらったらすごく変わってて、あんなに幸せそうになるなんて知らなかったから、…寒い冬の日ぐらい、ここに残った子達もうちの中に入れてやればよかったと思ってねえ」

でも、私は当時のことを知っていますが、猫たちが入ろうと思えば入れたはずです。
それでもそうしなかったのは、猫たちの意思でしょう。
もちろんお庭や玄関先に、小屋はきちんと作られていました。
おばあさんは、今帰った方と見せっこしていたのだという、当時の猫たちの写真を見せてくれました。
とても良いお顔で写っていました。
撮影したときも、本猫たちは足元にいたそうです。

それならやっぱり、この猫たちは幸せでしたよ。十分、まろいお顔で写ってます。
幸せだったと思いますよ。
「そうですかねえ、それならよかったんだけど」、
とおばあさんは呟いていました。
そして、ではまたとご挨拶して別れました。



今日は急に寒くなりましたけど、昨日はとても暖かかったですね。
日差しに暖められて、もしもかつての猫たちがいたら、道路いっぱいにお昼寝してただろうなあと思う陽気でした。
でも通りにはもう、誰もいませんでした。
ただ陽射しだけが、かつての思い出だけを暖めて、やわらかに降り注いでいました。
[PR]
by enokineko | 2007-11-17 00:12 |
相変わらず難しい けど結構面白い
以前、クロさんを撮るのは難しいということを書いたんですが、今日もちょっとそんなネタで。

f0100012_2331281.jpg

縁側で赤様とクロが語らってたんですが、


クロにピントを合わせると、
f0100012_23324167.jpg

赤様発光。


赤様にピントを合わせると、
f0100012_23331354.jpg

クロ行方不明。


これはこれで面白いですね。

ちなみに、語らってるといいましたが、嘘です。
クロはカレンちゃんが貰っていたパンのおこぼれを漁るのに夢中。
赤様は、黒猫のポシェットを本物の黒猫に自慢しています。

黒猫ポシェットは案の定、赤様に大人気です。
初めて見せたとき、お菓子も放り出して寄ってきました。
その日は寝るまで絶対手放しませんでした。(ねこかどさんありがとうございます☆)
[PR]
by enokineko | 2007-11-14 23:40 | 猫と赤ちゃん
キター!
f0100012_11531351.jpg

なにか届いたよ。


f0100012_11533380.jpg

ねこかどさんちからのプレゼントだ!



いやっほう!
実は、ねこかどさんのところの「ブログ一周年プレゼント企画」に応募して、
なんと当たったのですよ!
当ててくれたはに丸君、ありがとう☆
(厳正なる猫による抽選の模様は、こちら。

おお、猫じゃらしや猫用毛布…。
ささやかと仰られていましたがとんでもない、豪華プレゼントです!



しかし。
私、このプレゼントを見ていてふと気づきました。
当選したとき、「今年の運を使い果たした!でも悔いなし!」
と叫んでいたのですが、

私の運じゃなくてふーちゃんの徳じゃない?

だって、これから我が家に家猫としてやってくるふーちゃんに、ぴったり&タイムリーな
プレゼンツ。
「当たりますように!と念を送ったかいが~」とねこかどさんにはメールしたのですが、
届いたのは私の変な念などではなく、
猫のネットワークによるふーちゃん情報だったんじゃないだろうか。
「あ~あそこね~今度家猫も迎えるらしいよ」
「あ、そうなん?でも地域猫用の装備はあっても、家猫用のものは足りてないんじゃないの?
ちょっと送っといてやるか~」
みたいな…!

常々、猫にはニンゲンにはわからないテレパシーみたいなものがあると信じているので、
なんかそんな気がしてきました。
はに丸君、お気遣い頂きありがとう。

ねこかどさんも、本当にありがとうございます!
これからもブログ楽しみにしています!


ちなみに、ニンゲン用のものとしては、中央に写っている黒猫のがま口ポシェットと、にゃん太郎飴ミックスが入っていました。
ポシェットは間違いなく赤様行きですね。
飴は私がむさぼり食べておこうと思います。

え?夫?
いや実は、おどろかそーと思って、夫にも内緒にしていたんですよ。
だからこっそり、飴ちゃんは私がぽっけないないして独り占めしても分からないはずくくく。

って、はっ!今お昼休みだ!
会社でこの記事見てるんじゃ…!


ボリボリボリボリ(急いで飴をおなかに収納する音)
[PR]
by enokineko | 2007-11-09 12:15 |
ふーちゃんの前足
昨日、ふーちゃんと初めて猫じゃらしで遊びました。
f0100012_15434046.jpg

おっやるニョか?



f0100012_16254261.jpg

どこいったニャ!


エリザベスカラーで動きにくそうでしたが、結構活発に遊んでくれました。
ちゃんと、手首から先がないほうの足も使うんですよ。
それ見てると、ああやっぱりなるべく残す方法でいきたいなと思いました。


 今日は、包帯を交換するところに立会い、経過と今後の予定を先生と話し合ってきました。
切断面の再生に関して、今までどういう経過をたどって来たかというと、

1.細胞の再生を促す薬を使ったところ、皮膚よりお肉のほうが余計に再生してしまった
2.これだと皮膚で覆わなくてはいけない面積がかえって増えてしまったので、ステロイド剤を使い余分に増えた分のお肉を収縮させてみようとした
3.ステロイド剤の副作用で化膿してしまった
4.抗生剤を使いながら、皮膚再生剤を変更。ゆっくりだが、回復している…多分。

で、今日話し合った中で、余計に再生してしまった分のお肉は手術で切除することになりそうです。そうすると被覆面積が少なくなるので、回復が早くなる、と。
手術にあたっての、ふーちゃんの体力的な面は大丈夫とのこと。

 実際、色々調べてみたんですが、傷口の再生でこのお肉と皮膚の再生バランスというのは難しいし課題になっているようですね。
今使っている新しいお薬は、このバランスもよいということで注目されている新薬のようです
(キチンクリーム)。

あとはPRPという方法があるようなんですが(詳しくは検索するとすぐ出てきますのでそちらでお願いします。ニンゲンにも使われてますよー)、これは先生のところでは設備が足りないかもしれない…。

明日もまたお見舞いに行って、そのことも含め相談してきます。
[PR]
by enokineko | 2007-11-02 16:55 |