地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
クロその後と今日の猫たち
ご心配おかけしておりますクロですが、

すっかり良くなりましたよ…!

今じゃもう普通どおりにクロ箱&クロハウスで生活し、ゴハンもりもり、歩き方も普通です。
塀にも飛び乗れます。
よ、よがっだあああぁあ(涙)。

皆様、温かいお言葉、ありがとうございました!
ご心配をおかけするだけしておいて、更新が少なかったこと申し訳ありませんでした。

実は肛門から下にかけてが禿げていたのですが、そこもプワプワと新しい毛が生えてきていました。
もしかして怪我でなく、胃腸を悪くするような病気だったのかもしれないと獣医さんと話しております。
(歩き方が腰を落としておかしかったのはおなかが痛かったから、禿げたのは気にして舐めすぎ、食欲が無いのは受け付けなかった)
なんにせよ、地域猫である以上こういうことは避けられないですが、それでもたくさんの方に心配していただき、無事乗り越えられたようですから…

まっことめでたい!
そして本当にありがとうございます。



では、気も新たに、ほかの子たちの動向などを―


今日はハウスクリーニングの方たちが来たので、色々な家具を縁側に出しておりました。
その中でも結構大きいのが、赤様所有の「ダンボールハウス」。
赤様にめろんめろんの、パパが作ったものでございます。
無論、赤様はこれが大好き。
でもダンボールハウスは、猫も大好き。
案の定―
f0100012_23353422.jpg

くんくんくん。


f0100012_23361156.jpg

ママ、これ新しいおうち?


反対側からチビも。
f0100012_2336576.jpg

でもニャンか、危険な匂いがするニャよ…。


流石は用心深さナンバーワン・チビ。所有者が誰かを悟ったようです。
ちなみにこのとき、赤様は保育園でいませんでした。
いたら大変面白かっだったと思います。

結局、
f0100012_23385858.jpg

とってもよさそうなおうちだけど、なんだか罠の匂いがするわ。


そういって、うーちゃん一家は去っていきました。

うむ、猫として危険回避能力は衰えてないね☆!

ちなみに一緒に移っている小さな机は、えのきねこ夫の父作でございます。
[PR]
by enokineko | 2007-04-24 23:42 |
クロ、回復中
f0100012_22433099.jpg

皆様、ご心配ありがとうございますニャ。



皆様、沢山の温かいお言葉とお心遣い、ありがとうございます。

その後のクロですが、
人を見て逃げ出すのが治まり、
ゴハンを食べるようになり、
写真のようにクロハウスで再び寝るようになって、
だいぶ元の調子に戻ってきました。

ただ、やっぱりまだ後ろ足が頼りない感じがするんですよね。
痛くてしょっちゅう舐めるんでしょうか、なんだか毛もぼさぼさしているし。

よかったのは、お薬入りのゴハンでも気にせず食べてくれることです。
獣医さんにて、
「この薬はにおいが強いから、ゴハンに混ぜても駄目かもしれない」と聞いていたので。
でもそしたらえのきねこ夫は、
「鼻が効いてないのかな。そんなに強いにおいもわからないくらい、重症なのかも…。」
と心配していました。う~ん。

それでも、クロさんがまたいつものクロさんに戻りつつあることは確かで。
これからも注意してみていきますが、とりあえず、よかった!!
[PR]
by enokineko | 2007-04-18 22:51 |
クロ戻ってきました&ご飯食べてくれました!
やたー!!!

ゆっくり更新する時間が取れないでいるのですが、これだけは、これだけはお知らせせねば…!

前より動きもちょっとだけ速くなりましたよ!
[PR]
by enokineko | 2007-04-13 15:56 |
クロ、異常あり
実はここの所、クロが姿を見せないでおりました。
先週の中ごろからでしょうか。先週は週初めから半ばまで、すごい大雨の日などもあって、
カレンちゃん&クロの通い猫組は普段来ないような悪天候が続いていたので、
クロが明らかにまったく来てないと判明したのは木曜日でした。
クロも殿のように、どこかへ移っちゃったのかな…と思って色々思い巡らせていたところ、
今朝クロ箱で寝ていました。

毛がぼさぼさ、
全体に生気が無く、
こちらを見た途端起き上がって去ろうとし始め、しかもものすごくのろのろと歩く。
ゴハンを勧めましたが余計に逃げてしまい、
明らかに後ろ足がおかしくて、特に右足が痛いのかひょこひょこと地面に付き、かかとから先が腫れてるっぽく見えました。

えのきねこも、出勤前だったえのきねこ夫も、姿を見た安心から一転。

とてもゆっくりとしか歩けないようなので、いっそのこと捕まえて病院に連れて行こうとしましたが、近づくと無理をして走ってでも逃げようとするので、かえって負担をかけるとして断念。

結局彼女は、ご飯も食べず路地の先へ去っていきました。

その後近所の獣医さん(故メルさん主治医)に相談しに行ったところ、原因は分からないが
とりあえずもしご飯を食べられるようになったら、混ぜてお薬をあげてみようということになり、
三日分貰ってきました。
でもお夕飯にはきませんでした。

明日の朝、せめてまたクロ箱で療養してくれているといいんですが。
なにか情報があったときは、なるべくすぐアップします。
[PR]
by enokineko | 2007-04-10 22:28 |
新番組のお知らせ
え~、4月の番組改編にあわせまして、新番組のご紹介をいたします。
ご好評頂いておりました「赤様刑事」は、前回の特別編「赤様刑事2~母の愛は永遠に~」を持ちまして最終回となります。
(2回しかやってませんがえらい楽しかったです)
替わりまして新番組、
「隠密猫家老~ぶらり捕物帳~」
を、放送させていただきます。

それでは皆様、ごゆっくりお楽しみください(というかまたアホ企画に付き合ってください)。


時、猫栄元年―。
桜舞う猫城下町、春の日差しを楽しむ猫影ひとつ―。
f0100012_1324208.jpg

「ふむ、すべて世は事も無し…。善き日じゃ…。」



しかしいかなる太平の世も、騒乱の種は尽きぬものにて―

がっしゃーんっ!
「ニャーだれかおたすけー」(棒読み)
「!む、罪無き民の救いを求める声!何事か!」

そう、ただのんびりと暇を楽しむ隠居姿は仮のもの―彼こそが!
f0100012_1328926.jpg

「隠密猫家老、いざ参る!」



この世の平和を守るため―
罪無き猫民草の安寧を守るため―

彼こそがその猫ありと謳われた、猫家老、そのお方なり!

「どうしたにゃか。」
「あ、また乱暴者にお皿を割られて…」
(※寅二またやってくれましたよ赤様刑事のときから事件の内容変わってないな!)
「むむ、許せん!」

民家(※猫ハウス)にて狼藉を働き、意気揚々と出て行こうとする無頼の輩― と、
「まてまてぃ!」
「げ、お、隠密家老!?」

くらえ!必殺「ご家老の一声」!
ああ゛~~おぉう。
「ぎゃー!」

※実際、ご家老がのっしのっし歩いていってこう一声鳴いただけで、寅二はバビュッと逃げていきました。

「あ、ありがとうございますニャ。」
「うむ、礼には及ばぬ。だが、まだ狼藉者が戻ってくるやもしれんからな。」
f0100012_13375822.jpg

ここで見張っておいてしんぜよう…。



f0100012_13395433.jpg

む、少々寒いが…。これも民のためじゃ…。



時、猫栄元年。
桜舞う猫城下町に、世のため民のため、身分を超え栄誉を省みず尽くす一人の漢がいる―。
その名を―。

「隠密猫家老~ぶらり捕物帳~」ご期待ください。





※ちなみに、ご家老が最後寝そべっているのは、本当に寅二が逃げていった曲がり角です。
たったひと睨みひと声で追い払ったあと、慌てて逃げる相手をこちらは余裕の足取りでのっそのっそと少しだけ追いかけ、それから角まで戻ってきて寝そべりました。
日が差す訳でもない湿った裏庭にじかに寝そべるなんて、およそ猫にとって快適ではないと思うので、どちらの方向から寅二が戻ってきても見える角に陣取ったことといい、やっぱり↑のような意味でここにいてくれたんだと思います。

ご家老カッコいい。
[PR]
by enokineko | 2007-04-06 13:51 |