地域猫4匹と人の子ふたりと家猫1匹に振り回される母の日記。
 
動物愛護管理法の改正に伴うパブリックコメントの公募について
今日は真面目な話を。

今現在日本では、
ペットとして売られている動物がかなり悲惨な「モノ」として扱われていたり、
買ったけど飽きたから捨てちゃえ的な感じで
毎年数十万匹の犬猫が殺処分されていることとか

だいぶ周知の事実になってきたかなと思いますし、
実際こうやって動物ブログを見ている方々は特によくご存知の方が
多いのではと思いますが、

そういう現実を変えるために必要な法律の改正が5年ごとにありまして。

そのたびに、「こういう改正内容でいいですか~?」と国民に訊く
「パブリックコメントの募集」というのがあるんです。

ちなみに改正の内容は毎回結構いい感じで、国のお役所さん頑張ってるんですが、
前回はこのパブリックコメントの認知度が低くて、
せっかく動物にとってましな法律に変えようと思ったのにパブコメの結果が

賛成200票 反対9500票

だったので、結果的に何も変えられませんでした。

ペット業界の組織票怖!!
そして知らず何もせずの一人だった私罪深いね!!


だから今回は出来るだけ周知するよパブコメを。

というわけでこちらをご覧ください。
「ジュルのしっぽ」


周知すると言いながらまったくの他力本願ですが、こちらで

とてもよく分かりやすい説明&パブコメのテンプレ
(もちろん動物にとっていいほうに変える方に賛成のほう)

があるので、どうかどうかご一読ください。

ちなみに私もこちらのテンプレを使わせていただいて、メールでパブコメ送りました。

ここまで至れり尽くせりで用意していただいて、やらなかったら私は
ふーさんにも外猫たちにも天国組にも顔向けできないと思ったからです。


※なんか今回はパブコメ殺到しすぎてメールでの受付がパンクしてるみたいです。
ファックスで送ったほうがいかもです。

でもそれだけ今回は皆動いているってことでしょうか?
それともまた業界の組織票が阻止に動いているのでしょうか?

どちらにせよ、ひとりひとりの簡単な行動で現実を変えられるのは本当です。
たとえ政治が頼りなかろうが、行政は動いていて、
そして参加の道はちゃんと用意されているのです。

でもそれを知らないことが多いのです。
そして知らなくて知らない間に逆の結果に決まっちゃっても、自分も
その結果を支持したことになってしまうのです。

皆様はどうなさいますか?


期限は1週間、8月27日までです。
[PR]
by enokineko | 2011-08-20 22:41 |
<< 「家の中だけじゃ全然楽しくないもん」 6度目の >>